雪かき~

閏年の2月最終日 水分の多い重たい雪が朝からみるみる積って行く。
予定していたフリーマーケットは断念(この道では・・・)。

仕事がなくなったらちょっと身体が緩んでしまって眠たい一日になった。
気温が暖かいせいだろうか。

朝の4時に目が覚めたとき雪が気になって外を見たけれど
ほんの少し白くなった程度だった。
だけれど随分気温が高くてびっくりした朝だった。

雪かきでひとしきり身体を動かして
もう一度NHKの「石牟礼道子の世界」を見た。

当時の水俣の漁村の暮らしに
「あれが絆だったのかもしれない」と言った言葉が
印象的だった。

池澤夏樹の世界文学全集に納められた
「苦界浄土」は全3部作が納められている。

まだ1部しか読んでいないのだ。
手に取ってみよう。
[PR]

by ffkwj658 | 2012-02-29 13:10 | 日常  

<< 女という原初 石牟礼さんの世界 >>