良品活力!切出し七輪展

久々にたろう屋店内での展示会のお知らせです。
「天然珪藻土、能登の切出し七輪展示会」
期間3月21日(土)~3月30日(月) 
場所 たろう屋 店内にて
b0118857_213010100.jpg



昨年12月に松本の炭焼き職人原伸介さんの講演会を
村内にて行いました。その際、原さんの焼く白炭と共に
紹介いただいたのが能登の切出し七輪です。
b0118857_21285182.jpg



この切出し七輪は用途に合わせ、様々な種類があります。
この機会にできるだけ展示販売をしたいと思います。

実は七輪には天然物と練り物の二種類があります。
その違いは珪藻土の違いです。

珪藻土とはプランクトンなどの単細胞の膜が珪酸化し、淡水や海水の底に堆積したものです。
5000年から7000年前の地層から出土します。
この天然の珪藻土の地層から切出した岩石で作られているのが、
能登半島の先、珠洲市で七輪をつくる丸和工業さんです。

珪藻土は粘度が高い割りに多孔質で、
塊のまま彫るほうが土に含まれた空気の
断熱効果で火熾きがよく、火力が強くなります。
練り物の型では、圧縮されるためその珪藻土の
気孔がつぶれてしまい、効果が出なくなってしまいます。

良質な珪藻土が採れた珠洲市での七輪づくりやカマドづくりは、
古く江戸期まで遡る産業の一つでした。
それは現代の職人にまで引き継がれています。

炭で肉や魚、野菜を焼いたほうが美味しいのは誰でも知っています。
炭はガスや石油と違い、燃焼ガス中の水分が少なく、
遠赤外線で中まで火が通り、グルタミン酸が多くなって味を引き立てるからです。

震災以後、熱源としての炭に注目が集まり、
そのため七厘など炭火を焚くための道具が見直されました。

七輪は現代でも十分に機能を発揮する道具といえると思います。
b0118857_21294963.jpg

[PR]

by ffkwj658 | 2015-03-04 21:31 | 商品  

<< 七輪展始まりました つぶつぶ雑穀と野菜料理の日 >>