夏の朝

ももじが家にやって来てから2ヶ月。
毎朝の散歩もようやく自分の日常になった。
5時30分に起き、ご飯と野菜を細かく刻んだものを
水で10分ほど一煮立ちさせる。

それからご飯が冷めるまで散歩に出かける。

最近は片桐松川沿いの土手をゆっくり歩くのがコースになっていて
ももじは土手沿いの草の生えているところを好んで歩く。

近所の子供たちが夏休みに入って朝6時にはラジオ体操に行く姿を
よく見かけるようになった。
昼間は35度の猛暑日に近くなるここ長野県飯田市近辺も
朝のこの時間は湿度の高い日はあってもほとんど20度に近く、
曇り空だと肌寒さを感じるほどである。

僕の子供時代はどうだっただろう?

生まれた場所は新潟の北の町で、昼間はフェーン現象から以上に蒸し暑くなる土地だったけど
朝はやはり過ごしやすかったように思う。東京や名古屋じゃこうはいかないだろうね。

今朝は久しぶりに遠くの山が頂上付近までよく見え、きれいだった。

そして空はほんのり秋色に近いような青。

小学生達にとったら、まだまだ夏休み半ばだけれど、夏が短いのかもしれない。
やっと甲子園始まったのに。
[PR]

by ffkwj658 | 2007-08-10 13:10 | 日常  

<< 夏休み! 図書館にて >>