カテゴリ:日常( 75 )

 

七輪展始まりました

b0118857_1243549.jpg

昨日から店内にて能登の切り出し七輪の展示会が始まりました。
b0118857_1252590.jpg


大小の丸型、花びら型、焼き鳥や焼き魚用の長方形のものなど。
簡単な炭火を店内で熾していますので、その暖かさも感じて下さい。

売約済みな商品は後日、直送での対応とさせて頂いております。
一週間から10日ほどのお時間を頂きます。

火消し壺、火熾し器、スターターなども用意していますので
併せてご利用下さい。

また、信州松本の信濃白炭、飯島町で焼いている地元広葉樹による黒炭も
店頭にて販売中です。
[PR]

by ffkwj658 | 2015-03-22 12:10 | 日常  

つぶつぶ雑穀と野菜料理の日

今日は店内で雑穀と野菜の料理教室でした。
b0118857_1832541.jpg


☆もちきびとじゃがいものイタリアンスープ
☆にんにく風味人参の葛煮

どちらも簡単にできて、お腹の温まるメニューでした。

もちキビスープはもちきびのレモンイエローな色が
緑や赤などの他の素材を引き立ててみるからに美味しそうでした。
b0118857_1835011.jpg



ご飯に炊き込むと、少し存在感が薄れますが、
おかずの素材になると、たっぷり食べられて、見た目もいいです。

次回は雑穀ドーナツと、野菜とひじきの一品です。

3月4日(水) 午後1時30分~15時30分
場所  たろう屋
参加費  1,500円
[PR]

by ffkwj658 | 2015-02-25 18:04 | 日常  

つぶつぶ講座のお知らせ

2月後半から3月にかけてのつぶつぶ講座のお知らせです。


2月25日(水)
3月4日(水)
3月18日(水)

講師、レクチャー役に豊丘村のつぶつぶマザー
松村みどりさんをお迎えして
☆つぶつぶスープと野菜料理の日
★つぶつぶスイーツともう1品の日
交互に行っていきます。
1回の人数が少ないため、予約制とさせていただきます。
単発参加できますので、お気軽にお尋ね下さい。
もちきび、もちあわ、ひえ、たかきび、アマランサス
雑穀ご飯だけでなく、おかずにアレンジすることで
つぶつぶフードはグッと世界が広がります。
まずはスープやおやつに取り入れて、
少しずつ試してみませんか。
参加費は1,500円、定員は5名までです。
b0118857_11581795.jpg

[PR]

by ffkwj658 | 2015-02-21 11:58 | 日常  

ベジオイルマッサージ体験会

今週の水曜 18日は+ine(タスイネ)の宮原まゆみさんのベジオイルハンドマッサージ体験会です。
肩や腰は疲れると良く揉んでもらったり、マッサージを受けたりしますが、
日常一番酷使している手は意外におざなりなものです。

ハンドクリームをただ塗って終わるよりも、しっかり手をマッサージすると、
不思議と手から繋がる様々な器官にも良い影響があります。

今回は受けるのみならず、互いにマッサージをしあうことで、
簡単なケアを学んで、家に持ち帰えられるようにと思っています。

オイルもたっぷり使ってもらいますので、気持ちよく遊びに来てください。

1回 1,000円です。お一人でいらしても大丈夫です。

ハンドタオルを持参頂けますと嬉しいです。
時間は11時~3時まで お気軽にご来店下さい。
b0118857_176797.jpg

[PR]

by ffkwj658 | 2015-02-16 17:06 | 日常  

つぶつぶ講座

b0118857_1528247.jpg


今週から豊丘村でりんご園をやりながら、つぶつぶ料理の指導をしておられる
松村みどりんさんのつぶつぶ講座を店内で始めていただけることになりました。

月2回のペースで、単発の参加でももちろん大丈夫です。
興味のある方はぜひお店までお気軽にどうぞ~
[PR]

by ffkwj658 | 2015-02-08 15:30 | 日常  

雑穀プチプチ料理教室始めます

たろう屋企画
b0118857_13404718.jpg


2月より月2回(いずれも水曜日)、
雑穀を活かしたつぶつぶレシピの料理教室を開催します。
興味はあって食べてみたくとも、なかなか最初のきっかけが
難しいのが雑穀です。ご飯と炊き込むだけでもいいのですが、
できれば、その特性をいかして、様々なスタイルで楽しみたい。
まずは、お手軽に1品をゆっくり一緒に勉強しませんか!

講師、レクチャー役に豊丘村の松村みどりさんをお迎えして
☆つぶつぶスープと野菜料理の日
☆つぶつぶスイーツともう1品の日


1回の人数が少ないため、予約制とさせていただきます。
月2回でも1回でもOKです。

参加費は1,500円です。定員は6名まで。

2月の内容は
2月11日(祝・水曜)  つぶつぶスープと野菜の日
2月25日(水曜)    つぶつぶスイーツともう1品の日

7月まで定期的に行う予定です。
お問合せはお気軽にたろう屋までお願い致します。
[PR]

by ffkwj658 | 2015-01-17 13:41 | 日常  

年末年始のお知らせ

年内の営業は31日、夕方5時までです。
30日、火曜日夕方6時までの営業です。

年明けは5日(月) 午前11時からです。
(6日(火)は定休日のためお休みです)

年末、年始のスケジュール
野菜、日配品、パンなどの年末年始の予定ですが

☆野菜 
生活菜園さん(飯田市)  25日(木)、29日(月) / 1月5日(月)
草間舎 さん(伊那市)   27日(土)       / 1月6日(火)

☆パン
バオバブさん(飯田市)  28日(日)       / 1月5日(月)
耕紡工房さん(阿智村)               / 1月14日(水)
まめぱんや(宮田村)                / 1月8日(木)
土ころ    (駒ヶ根市)              /  1月24日(土)

☆納豆、ヨーグルト、牛乳、お豆腐など日配品
ゆうき八百屋        28日(日)      /  1月7日(水)

★移動販売

飯田方面   29日(月) 年内最終便     /  1月8日(木)から
駒ヶ根方面  26日(金) 年内最終便     /  1月9日(金)から
大鹿方面   年内終了              /  1月12日(月)から

b0118857_161650.jpg



          
[PR]

by ffkwj658 | 2015-01-05 23:00 | 日常  

営業時間 移動販売

改めてたろう屋の営業時間のお知らせです。
(しばらく固定しておきますね)

月曜、水曜~土曜日  午前11:00~午後7時30分
日曜            午後12:00~午後6時頃
定休日           火曜日

上記になりました。土日、祝日は営業致します。

☆配達、移動販売

月曜日   大鹿村、中川村、松川町
木曜日   飯田市、喬木村
金曜日   飯島町、駒ヶ根市、伊那市

それぞれの曜日と地域で配達を承ります。
商品リストなどはお問い合わせ下さい。
配達日にあわせてお持ちいたします。
[PR]

by ffkwj658 | 2014-12-24 16:02 | 日常  

伊那谷マップにはぜひ縄文の声を

b0118857_18442565.jpg

(片桐地区の遺跡分布図)
現行の地図の上に縄文から中世までの遺跡分布を載せた中川村のマップ。
これいいですよ、伊那谷のそれぞれの町でもあるといいのに(知らないだけかも)。
見える景色はずいぶん違ってしまっているでしょうが、中川村のそれぞれの場所から
伊那谷や山、天竜川がどう見えたのか想像できます。災害で天竜川に注ぐ
小さな川たちは様子が変わっているかもしれないですが、天竜川やアルプスはたぶん
ほとんど変わっていないように思うのです。

それぞれの町で合併前の村ごとに地図を作って欲しいなぁ、縄文から中世にかけて
ほんとにココは面白い土地だったと思うのですよ。
[PR]

by ffkwj658 | 2014-09-17 18:50 | 日常  

A2-B-C 上映会

b0118857_20531933.jpg


14日の日曜に中川村文化センターで上映会があります。
当日はお仕事なもんで、ちょいと無理を言って主催の友人宅で見させてもらいました
(チケットはお支払いしましたよ~)。

米国人監督が震災以来ずっと不安と向き合ってきた人(主に主婦の皆さん)に、寄り添うようにその声に
耳を傾けています。主に福島県伊達市が舞台となっていますが、恐らく映画に出てくる主婦の皆さんは少数の部類になるのだろうと想像します。もしかしたら万人に受け入れられる映画ではないかもしれない。でも、この取り外すことの出来ない「不安」と「不審」はいったい何が、誰がもたらしのだろう。地元でも小さな声でしかあげることの出来ない不安、誰かから白い目で見られていることを受け止めることの方が大きい日常。

監督が受け止め、写し取ったのはそんな人たちの声です。
映画の感想を話しながら思い出しのは、チェルノブイリ事故のあとベラルーシなどで撮影された日本人監督がし撮影した映画のことでした。「ナージャの村」「アレクセイの泉」は異国の人が自分たちの日常を撮るという、不思議の中で、ゾーンと呼ばれた汚染地で生きる姿を見せてくれました。ゾーンに住む老人たちを嫌う若者の声も映画にはありましたが、ゾーンの中で以前と変わらぬ生活をする人たちを僕は辛いと感じながらも、日本人としていったい同考え、何ができるかと感じたことを思い出しました。

今度の映画は米国人の監督が「僕に何が出来るか」と考え、撮影されたものです。マイノリティーである彼女たちを特殊だと思った分けではなく、彼女らの声にこそシンパシーを感じ伝えようとしたのだと思います。そこに映された声を日本人がおかしいと感じたとしたら。それは何か大きなものがずれているのだと思います。

チケットはまだたろう屋にもあります。ぜひ見に行ってください。
[PR]

by ffkwj658 | 2014-09-11 21:15 | 日常