伊那谷マップにはぜひ縄文の声を

b0118857_18442565.jpg

(片桐地区の遺跡分布図)
現行の地図の上に縄文から中世までの遺跡分布を載せた中川村のマップ。
これいいですよ、伊那谷のそれぞれの町でもあるといいのに(知らないだけかも)。
見える景色はずいぶん違ってしまっているでしょうが、中川村のそれぞれの場所から
伊那谷や山、天竜川がどう見えたのか想像できます。災害で天竜川に注ぐ
小さな川たちは様子が変わっているかもしれないですが、天竜川やアルプスはたぶん
ほとんど変わっていないように思うのです。

それぞれの町で合併前の村ごとに地図を作って欲しいなぁ、縄文から中世にかけて
ほんとにココは面白い土地だったと思うのですよ。
[PR]

# by ffkwj658 | 2014-09-17 18:50 | 日常  

みんなと見る機会つくろうっと

b0118857_20372975.jpg



ようやく手に入ったDVD。この週末、喘息をこじらせて、夜はおとなしくそして少しずつ、布団の中で見始めた昔のNHKのドキュメント番組
「人間は何を食べてきたか」

人が食べてきた食のルーツを探るという、この番組今見ても新鮮に見えるほど
その本気度と完成度の高さは秀逸だと思います。

家畜による肉、小麦、ジャガイモ、米、海漁、捕鯨、川漁、サバンナ、砂漠、遊牧の民、麵、醤油、鮭、世界のあらゆる場所で食のルーツを考えるというのはつまるところ、人は自然とどう繋がっていたのか、そして家族に何を分けてきたのか、親から子へ何を伝えたのか、子供を守るため、育てるためにどうしたのか。そういった家族の物語であり、歴史でした。それはどの地域でも、どの部族でも代わることの無い精神があります。

食べることは飢えをしのぐ為であり、寒さをしのぐ為であり、未来を提供することでありました。昨年よりわずかに広げた田や畑は家族のためであり、子に伝える技術はこの土地で生きるのに必要な技でした。田や畑ではなく、漁場を伝える例もあります。作物を作る場を残すのではなく、川の中の漁場、山の中の猟場、山菜の収穫のための採場。土地は共有のものとして、村の中の畑は最終的な個人の所有から外れているのです。

所有出来ないという考えの側から、少しでも現代を見たいなと思います。この土地は、この食料は与えられたものであり、それで生かされているという感覚をずっと長い間、人は持ってきたようです。災害や外地からやってくる新しい概念に戦うでもなく、抵抗するでもなく時にあきらめてきた。今は少しもそんな感覚にはなれないし、かけらも持っていないけれど、所有というものから離れた感覚を持つ人の側から自分たちの暮らしを見たい。そんなパーツを見つけたい。
[PR]

# by ffkwj658 | 2014-09-15 21:13 | 本と言葉  

A2-B-C 上映会

b0118857_20531933.jpg


14日の日曜に中川村文化センターで上映会があります。
当日はお仕事なもんで、ちょいと無理を言って主催の友人宅で見させてもらいました
(チケットはお支払いしましたよ~)。

米国人監督が震災以来ずっと不安と向き合ってきた人(主に主婦の皆さん)に、寄り添うようにその声に
耳を傾けています。主に福島県伊達市が舞台となっていますが、恐らく映画に出てくる主婦の皆さんは少数の部類になるのだろうと想像します。もしかしたら万人に受け入れられる映画ではないかもしれない。でも、この取り外すことの出来ない「不安」と「不審」はいったい何が、誰がもたらしのだろう。地元でも小さな声でしかあげることの出来ない不安、誰かから白い目で見られていることを受け止めることの方が大きい日常。

監督が受け止め、写し取ったのはそんな人たちの声です。
映画の感想を話しながら思い出しのは、チェルノブイリ事故のあとベラルーシなどで撮影された日本人監督がし撮影した映画のことでした。「ナージャの村」「アレクセイの泉」は異国の人が自分たちの日常を撮るという、不思議の中で、ゾーンと呼ばれた汚染地で生きる姿を見せてくれました。ゾーンに住む老人たちを嫌う若者の声も映画にはありましたが、ゾーンの中で以前と変わらぬ生活をする人たちを僕は辛いと感じながらも、日本人としていったい同考え、何ができるかと感じたことを思い出しました。

今度の映画は米国人の監督が「僕に何が出来るか」と考え、撮影されたものです。マイノリティーである彼女たちを特殊だと思った分けではなく、彼女らの声にこそシンパシーを感じ伝えようとしたのだと思います。そこに映された声を日本人がおかしいと感じたとしたら。それは何か大きなものがずれているのだと思います。

チケットはまだたろう屋にもあります。ぜひ見に行ってください。
[PR]

# by ffkwj658 | 2014-09-11 21:15 | 日常  

他者のために

「自分の自己実現のためだけではなく、誰かのために働いてきた。自分の幸せのために作品を作っているんじゃない。この世界を含めた゛他者のために生きる´ことを考えていた。」

ある人から教わった働くということと生きることの定義。
自分のベースにできるかな。
日々問いかけられているんだろうな。
[PR]

# by ffkwj658 | 2014-05-20 22:33 | 日常  

量り売り

b0118857_2053258.jpg

店内の一角にある、お豆の量り売りコーナー。
下条村、絹田さん栽培のものです。

白花豆、手亡豆、大納言、黒小豆など。
おすすめは青大豆(秘伝豆)。
黄色い大豆に比べ、油分が少なく糖分が高いので
味を強く感じます。

お気軽にお尋ね下さいね。
[PR]

# by ffkwj658 | 2014-05-19 20:53 | 商品  

あっという間に

実店舗を開店して3週間が過ぎました。
移動販売の方もしっかりしなければと、
土曜日は阿智村の藤マルシェに出店。
昨日は伊那方面に集荷と販売に行きました。
そして久々の告知です。

新緑の季節、こうして車で周るのも何か楽しいものです。
今週もいいもの揃って伺います。

5月19日、月曜日。
移動宅配は大鹿村、中川村、駒ケ根市、松川町です

10時50分 大鹿村、 大河原郵便局隣 大鹿桜組さん
13時00分 中川村、 ショッピングセンターチャオ近
14時00分 駒ケ根市内
(時間は目安です。)
松川町内への配達は閉店後19時以降になります。

【本日の入荷】
箕輪町 ハルハナ堂さん  天然酵母パン
飯田市 生活菜園さん   地元野菜
南箕輪 大塚さん     地元野菜
松川町 宮下さん     地元野菜他

スナップエンドウ、茎ブロッコリーなど
彩りのいい美味しい野菜がでてきました。
[PR]

# by ffkwj658 | 2014-05-19 17:06 | 日常  

ぶれずに

開店まで2週間です。

昨日はいよいよ野菜棚が完成!
b0118857_22571371.jpg


地道な下積み作業のあと、ようやく完成を見て、みんなで喜びました。
すごい、ほんとにみんなの作業が丁寧なおかげです。
支えるくらいのおテコにしかならない僕からみると、ほんとにすごい。
そして今朝の信濃毎日新聞には僕らの記事がなんとカラーで掲載されました。

ここ数ヶ月、お店出店を決めたときから、いろんな人が次々とやってきて、
目の前で魔法のごとく、僕らの作業を劇的に手伝って下さったり、
記者さんが記事を書いて下さったり(タウン誌にも載せてくれました)、お見舞いに来てくれたり
とても好きな人がお店の看板の題字を書いてくれたり
正直、今何が起こっているのかうまくつかむことができません。
「これから、ココで素敵なことが起こるんです」
とは、お店の図案から設計まで一手に引き受けて下さったF氏の言葉ですが
本当に目の前で起こっていることは、自分ごととは思えぬほど素敵なことばかりです。

ここまでの自分たちの話をたまたま記者さんに続けて取材され、話しているうちに
ようやく気づいたことがありました。

僕は3年前の東日本大震災を機に、前の仕事場を止め、独立しました。
そのことを今まではとても前向きに捕らえていた自分がいました。
今回お店を始めるにあたり、わかったのは
「それでもぶれない仕事でありたい」と感じていることです。

前の震災の直後、一週間本当に動揺しました。
結果、これまで同じ状態でいることを辞め、自分で仕事を始めることを
選択しました。もうそれ以外はとても考えられない状況だったと思います。
僕はは自分がぶれたことには全く気がつきませんでした。
それがよかったのか、悪かったのかは関係がないように思います。
しかし、その時から始めたこの仕事は、何がなんでもやり続けて行きたいと
感じています。たとえ、信じられないような事態が起ころうと、今目の前にある
ことをやり続ける以外の選択しかないような仕事をしていきたいと思います。

ぶれるということは自我があるから。理想の状態を自分に課しているからだと思います。
自分の仕事だけれど、そこに我はいらない。ようやくここ数年言われ続けてきたことが
少しだけわかったような気がしました。
[PR]

# by ffkwj658 | 2014-04-16 23:20 | 日常  

パス

いつもお世話になっている農家さんから
楢の木の丸太からひろった板材をいただきました。

身の引き締まるおもいです。地元で立派に育った木。
たろう屋の守り神だと思いました。
[PR]

# by ffkwj658 | 2014-03-23 23:23 | 商品  

パス

いつもお世話になっている農家さんから
楢の木の丸太からひろった板材をいただきました。

身の引き締まるおもいです。地元で立派に育った木。
たろう屋の守り神だと思いました。
[PR]

# by ffkwj658 | 2014-03-23 23:20 | 商品  

実店舗はじめます!

b0118857_2239932.jpg


年明けからずいぶん慌しくなってしまいました。
たろう屋も粛々と歩いておりましたが、この春から
さらにもう一歩大きく前に行こうと思います。

来月の4月29日の祝日、火曜日
中川村、片桐において移動販売「たろう屋」の
実店舗をオープンさせようと思います。

場所は中川村片桐。伊那田島の駅からの道を
まっすぐ下りてきた突き当りのお店です。
旧道沿いの昔ながらの商店をお借りしました。

移動販売もスケジュールを検討しながら
続けていきます。

新しい日々をまたここに紹介していけたらと思います。
よろしくお願い致します。

b0118857_22444368.jpg

一番頼りになる人 大工仕事は一人前

b0118857_22485417.jpg

結構な広さなのです

b0118857_22481165.jpg

ももじも久々に出勤が日課になりました。看板犬復活なるか!
[PR]

# by ffkwj658 | 2014-03-15 22:50 | 日常