カテゴリ:商品( 14 )

 

良品活力!切出し七輪展

久々にたろう屋店内での展示会のお知らせです。
「天然珪藻土、能登の切出し七輪展示会」
期間3月21日(土)~3月30日(月) 
場所 たろう屋 店内にて
b0118857_213010100.jpg



昨年12月に松本の炭焼き職人原伸介さんの講演会を
村内にて行いました。その際、原さんの焼く白炭と共に
紹介いただいたのが能登の切出し七輪です。
b0118857_21285182.jpg



この切出し七輪は用途に合わせ、様々な種類があります。
この機会にできるだけ展示販売をしたいと思います。

実は七輪には天然物と練り物の二種類があります。
その違いは珪藻土の違いです。

珪藻土とはプランクトンなどの単細胞の膜が珪酸化し、淡水や海水の底に堆積したものです。
5000年から7000年前の地層から出土します。
この天然の珪藻土の地層から切出した岩石で作られているのが、
能登半島の先、珠洲市で七輪をつくる丸和工業さんです。

珪藻土は粘度が高い割りに多孔質で、
塊のまま彫るほうが土に含まれた空気の
断熱効果で火熾きがよく、火力が強くなります。
練り物の型では、圧縮されるためその珪藻土の
気孔がつぶれてしまい、効果が出なくなってしまいます。

良質な珪藻土が採れた珠洲市での七輪づくりやカマドづくりは、
古く江戸期まで遡る産業の一つでした。
それは現代の職人にまで引き継がれています。

炭で肉や魚、野菜を焼いたほうが美味しいのは誰でも知っています。
炭はガスや石油と違い、燃焼ガス中の水分が少なく、
遠赤外線で中まで火が通り、グルタミン酸が多くなって味を引き立てるからです。

震災以後、熱源としての炭に注目が集まり、
そのため七厘など炭火を焚くための道具が見直されました。

七輪は現代でも十分に機能を発揮する道具といえると思います。
b0118857_21294963.jpg

by ffkwj658 | 2015-03-04 21:31 | 商品  

信濃白炭

b0118857_12572432.jpg


先週、松本の炭焼き師、原伸介さんに実に10年ぶりに再会することができました。
そして、念願だった信州産の広葉樹を伝統的技術で焼いた信濃白炭と木酢液「森のしずく」を店頭で
取扱わせてもらえることになりました。

原さんの信濃白炭との出会いは、飯田市のてくてくさんに勤めていた僕がまだ20代の頃、お店で地元の良質な
炭を取り扱っていて、当時「炭焼きを伝える」に情熱を燃やしていた原さんは毎月のように炭焼き仕事の手記を
書いていて、お店の通信として発行していたことに始まります。毎月読み、実際に炭を使い木酢液を使い、
あまりに感動した僕は、思い余って電話を入れ、炭焼きの現場に行かせてもらえないかと頼みました。
ところが返ってきた返事は「今現場には一切人をいれていない」というつれない返事。
取材も多く、いろんな方がやってくることに疲れていたことと、お願いしたのがお正月明けのまさに炭焼きの
真っ最中。これは無理かとも思いましたが、「販売している店の店員として、これはなんとしても見たいのです」
と食い下がったところ、少し時間をと仰った後、ものすごく丁寧な炭焼きの山への地図を僕の自宅にFAXで
入れてくれたのです。嬉しさと緊張感でいっぱいでした。当時7年目の炭焼き山。毎年のように違う斜面から
原木を伐採していたので、木の成長する様子が手に取るようにわかりました。里山に人が入るとはこうゆう事と
感動しました。それから毎日書いている炭焼きの日記を見せてくれました。伐採した木のこと、煙の様子、
木酢の味まで、その日々の変化、毎日の小さなことまで記入されてあり、自然の毎日違う気候や、条件の中で
いかに良質な炭を、確実に作り出すかが記してありました。山からの帰り道、いつか自分の店に原さんの
商品を卸してもらいたいと夢に思ったのはもう13年前のことです。
先週お会いしたとき、原さんは炭焼き20年の今、一番最初に斧を入れた場所に戻ってきたとき、成長した
その木にもう一度斧を入れ、思わず涙が出たと話してくれました。山に生きたくて、その方法を模索し、
そして松本で師匠に出会い、炭焼きに触れ、その技術に惚れ、それを学び生業としました。一心に技術を
高め、全国の後継者のいない職人から技を学び、ぜひ伝えて欲しいと言葉を受け、必死に向き合ってきた事は
本人が後に書いた様々な書籍や講演内容から知っていました。そんな原さんは、炭焼きを伝える情熱が少し
落ち着いた後、炭焼きを楽しみたいという思いが強くなりすぎ、楽しめず逆に苦しんだ時期もあったそうです。
ですが、今は本当に楽しい。今までで一番炭焼きを楽しめていると笑顔で話してくれました。
この笑顔がたまらない人なんです。ぜひ会いにきてください。
b0118857_125883.jpg

by ffkwj658 | 2014-12-06 13:00 | 商品  

量り売り

b0118857_2053258.jpg

店内の一角にある、お豆の量り売りコーナー。
下条村、絹田さん栽培のものです。

白花豆、手亡豆、大納言、黒小豆など。
おすすめは青大豆(秘伝豆)。
黄色い大豆に比べ、油分が少なく糖分が高いので
味を強く感じます。

お気軽にお尋ね下さいね。

by ffkwj658 | 2014-05-19 20:53 | 商品  

パス

いつもお世話になっている農家さんから
楢の木の丸太からひろった板材をいただきました。

身の引き締まるおもいです。地元で立派に育った木。
たろう屋の守り神だと思いました。

by ffkwj658 | 2014-03-23 23:23 | 商品  

パス

いつもお世話になっている農家さんから
楢の木の丸太からひろった板材をいただきました。

身の引き締まるおもいです。地元で立派に育った木。
たろう屋の守り神だと思いました。

by ffkwj658 | 2014-03-23 23:20 | 商品  

沖縄からやってきた

かみかみ堂さんから縁をもらった
沖縄の八重岳ベーカリーさんの無農薬シークヮーサー。
b0118857_2057434.jpg

今年も朝採りの果実を送ってもらいました。
この香りたまらないですね。

酸味もスッキリとしていますが、なんといっても旨みがあります。
レモンやカボスとはまた違って、僕は一番好きな味。

鶏肉のソテーや、焼き魚、、蒸し野菜にホントに合います。

もちろん、焼酎は言うまでも有りません。
まだ、未体験の方はぜひ、お試しくださいね

無農薬青切りシークヮーサー
100g 100円 
1個あたり約30円~40円です。

by ffkwj658 | 2013-10-23 20:57 | 商品  

辛くてうま~い唐辛子

長野県の南端、阿南町の「和合むら」さんから
いただいた一味唐辛子。
b0118857_11353088.jpg


鈴ヵ沢南蛮という在来種の唐辛子と国産ゆずを加えた
一味唐辛子とゆず唐辛子の2本。

しっかりした辛みがあるのだけど、
素材の旨みも引き出してくれるので、

野菜もお肉も、うどんもそばも風味がグッとアップします。

それは唐辛子そのものがやっぱり美味しいからですな。
たろう屋でも指折りのパンチの強いアイテムです

by ffkwj658 | 2013-03-24 11:40 | 商品  

ご縁は続く

友人のあゆさんにお世話になり
またまた、面白いご縁をつなげてもらいました。
b0118857_1131573.jpg


静岡・島田(旧金谷)の有機・自然農でお茶づくりを営む善光園さんがデザインの相談に、はるばる伊那谷へと来てくれました。
「善光園(ぜんこうえん)」つながりで
元善光寺へ。いいご縁が生まれますように。と
お祈りして。
そして。
善光さんを紹介したかった皆さんのところへ・・・。
最後は
biga&CAFE狐&あわいろ工房。
そして、たろう屋★
さっそく、ステキなご縁が生まれていきそうです。
ゆうすけが特別に作ってくれた
有機玄米茶ラテ。
かわいくて、やさしくて、美味しかったよー。ー この


あゆさんのFBの投稿より。

サンプルをいただいて、お客さんにも飲んでもらい
楽しんでもらいました。

今年もつながったご縁から、勉強を続けていきます。

by ffkwj658 | 2013-03-24 11:34 | 商品  

美味しいパンはいかが?

ハルハナ堂さんの旨いパンの取扱始まりました。
ハルハナ堂通信

箕輪町に今年オープンした国産小麦、天然酵母のパン屋さん。
その正体は安曇野の穂高神社の鳥居をくぐったその中にあった
「こっふぇる梅太郎」の中山さん。
向こうのお店を閉じて伊那谷の北、箕輪町に新しいお店
「ハルハナ堂」をオープンしてくれました。

国産小麦は埼玉、小川製粉の農林61号を中心に
地元長野産の黒小麦(全粒粉ではないけれど見た目も黒っぽい小麦)
などが中心。
ホシノ酵母とハード系のパンには自家製の全粒粉酵母を使います。

卵、牛乳は生活クラブの
会田養鶏、横内ミルク
よつ葉のバター、ノヴァのドライフルーツなど
素材にも美味しい、旨いが詰まっています。

国産小麦、天然酵母といえばハード系のパンが
最近は主流となってきたと思いますが
中山さんのパンは、しっとりとした食感のものが
多いように思います。
もっちりの生地の旨さ、小麦の香りは
ハルハナ堂ならではの味わいがあります。

もちろんどっしりとしたハード系のパンもパワーがあります。
黒小麦のブールは風味もつよくおすすめです。

たろう屋の一押しはラスクです。
しっかりした食感と小麦、ナッツ、フルーツの味が
交わって何とも言えんのです。

さぁて、食べたくなったかな?
たろう屋では毎週月曜日、戸別にお届けしております。

届いた方はゆっくり味わってみて下さい。
軽くオーブンで(レンジは合わないよ)
温めて、紅茶やコーヒーとともにどうぞ。

by ffkwj658 | 2012-06-17 23:33 | 商品  

タテの糸を通す

毎週金曜日、移動販売の店が5件ほど集まって
飯田市内を回る「しあわせ市場」に参加して3ヶ月・

ようやくその地域の方々に顔だけは覚えてもらえるようになりました。

一緒にまわるメンバーは強力で、飯田で青果物の販売を60年近く
やってきた代表の大石さんはじめ(なんと78歳)
市内で卸専門の八百屋を勤めてきたなみちゃん。
20年以上前から肉や魚、冷蔵品を中心に遠山地域をはじめ、
山間部をまわる肉のいずみのいっちゃん。


最近は販売の合間に、昔の話をちらほらと聞く時間が
たろう屋の大事な時間になっています。
それはタテの糸を通すことだから。

働き方、お客さんとの信頼、後輩の育て方、地元の歴史。
話しは昔を一跨ぎして大石さんのお爺さんの代まで遡ります。
それは簡単に100年を超えてしまう時間のスパンです。

この市場は小さな商店が支え合うようなもの。
自分のところにないものを隣の店から持ってきてお客さんに渡す。
「たろう屋!今日は大根持ってきてるか?」
って、大石さんの声が響きます。

最近読んだエッセイで「歴史のタテの糸を補強する」という話がありました。
「100年前も必死だった想像してほしい。それは死者の声を聞くことだから」

買い物弱者(嫌な言葉)のために市場を開くのも必要だったかも知れません。
でも、身近な商店が無くなっていったのは、僕らが買い物を選択した結果ともいえます。

この市場だって同じようなスタイルで、スーパーやコンビニがやってきたら
あっという間に役割を終えてしまうかもしれない。

だからこそタテ糸の強度を強くして、重さに耐えるようにするために
僕らは先代たちからたくさんの歴史を学びたいと思います。

こんな小さな市場があちこちで起こせるようになれば
その場所がちょっとした団欒の場になることだってありえます。
昔の井戸端のような、魅力がでてくると嬉しいのですが。

by ffkwj658 | 2012-06-10 08:52 | 商品